Skip to main content

CTC、ゲオの新情報系システムを「Oracle Exadata」で構築

2011 1 05

~顧客分析、意思決定支援システムを統合し、データ処理の高速化を実現~

・伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(略称:CTC、本社:東京都千代田区、代表
取締役社長:奥田 陽一、以下 CTC)と日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青
山、代表執行役社長 最高経営責任者:遠藤 隆雄、以下 日本オラクル)は、株式会社ゲ
オ(本社:愛知県春日井市、代表取締役社長:森原 哲也、以下:ゲオ)の新情報系シス
テムに「Oracle Exadata」(オラクル・エクサデータ)を導入したことを発表いたします。

・ゲオの新情報系システムは、ゲオが運営する各店舗の業績情報を集計・分析するシステ
ムです。この度「Oracle Exadata」を導入し、複雑なシステムを統合したことで、データ
の処理速度の高速化を実現し、業績管理の処理時間を大幅に短縮しました。

・ゲオの新情報系システムの構築プロジェクトでは、CTCが「Oracle Exadata」を中心
に、「Oracle Business Intelligence Enterprise Edition」や「Oracle Enterprise
Manager」といった周辺システムと合わせて、新情報システムの設計、構築および、シス
テム導入後の運用を担当しています。日本オラクルは国内における「Oracle Exadata」に
関する導入実績と製品ノウハウを活用したコンサルティングサービスの提供を通じて、
「Oracle Exadata」の導入を支援しました。

・ゲオは、「ポケットマネーで楽しめるレジャー」を事業コンセプトにDVD・CD・ゲ
ームソフト・書籍等のレンタル・リサイクル・新品販売を行う「ゲオショップ」、衣料・
服飾雑貨等の中古品売買を行うリサイクルショップ「ジャンブルストア」、「セカンドス
トリート」等を、直営店舗を中心に展開しています。

・店舗数は、2010年9月時点で1,315店舗、会員数は1,250万人以上に達しています。こう
した中、ゲオは、店舗数、会員数の大幅な増加にともなうシステムのパフォーマンス不足
に加え、顧客分析システムや意思決定支援システムといった各種システムの分散化による
運用の非効率が課題となっていました。そこでゲオは、各店舗の業績データを集計するシ
ステムと、データを解析してレポーティングするビジネス・インテリジェンス・システム
を統合する、新情報系システムの稼働を2010年9月より開始しました。

・CTCは、オラクル製品によるシステム構築で豊富な実績を有しています。ゲオの既存
データベースシステムはオラクル製品を中心に構成されており、このデータベースシステ
ムの統合プロジェクトもCTCが担当しました。またCTCは、「Oracle Exadata」をは
じめとするオラクル製品や、様々なベンダーのサーバ、ネットワーク、エンタープライズ
アプリケーションを組み合わせた、マルチベンダー環境のシステム検証が可能な統合検証
センター「テクニカルソリューションセンター(TSC)」(場所:東京都千代田区)を
有しています。このTSCにて、ゲオのシステム環境を想定した事前検証を実施したこと
で、構築からカットオーバーまで2ヶ月間という短期間でのシステム導入を可能にしまし
た。

・さらにゲオは、新システムの保守業務を支援するサービスとして、CTCのリモート保
守サービス「System Management Service for Oracle Exadata」(以下、SMS for Oracle
Exadata)を採用しました。「SMS for Oracle Exadata」 は、システム障害が起きた際、
リモート環境から障害の切り分け、解析をするサービスです。これにより、障害発生時に
おいても、迅速な原因追求および復旧に向けた調査が可能です。
今後CTCでは、ゲオのシステム拡張を支援するとともに、培った実績を元にした
「Oracle Exadata」ビジネスの推進に注力します。

■ゲオについて
ゲオは、1989年1月設立。メディアショップ「ゲオショップ」および、リサイクルショ
ップ「ジャンブルストア」「セカンドストリート」の小売店舗運営を中心として、イン
ターネットサービス事業への取り組み、アミューズメント施設の運営など、ポケットマ
ネーで楽しめるレジャーを提供。資本金86億3百万円、社員数 3,178名(2010年9月現在)

■伊藤忠テクノソリューションズについて
伊藤忠テクノソリューションズ(略称CTC)は、情報通信、金融、流通分野や、コン
タクトセンター、ポータルをはじめとするフロント系基幹システムの開発、オープン系
システムの基盤構築、さらにデータセンター事業など特定の業種、業務に強みを持つユ
ニークで総合力を兼ね備えたソリューションプロバイダです。最新技術に精通したテク
ノロジー・リーディング・カンパニーとして、コンサルティングから設計、構築、運用・
保守サポートに至るトータルサービスを提供します。

■ オラクルについて
オラクルは世界で最もcomplete、open、integratedなビジネスソフトウェアとハードウ
ェア・システムの会社です。オラクルに関するより詳しい情報は、
http://www.oracle.com/jp をご覧ください。

<本件に関するお問い合わせ先>
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
広報部 担当:佐藤

日本オラクル株式会社
広報室 小林、玉川

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の
国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合
があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込
むことはできません。

詳細についてはお問い合わせください

小林 守
Name
小林 守
役職
シニアマネジャー
Division
広報室
電話番号
03-6834-4836
Fax
03-6834-6129
Mobile
Eメールアドレス
mamoru.kobayashi@oracle.com