Skip to main content

京阪百貨店、仮想化プラットフォーム上に情報基盤を構築

2010 7 29

~データウェアハウス環境の構築により、百貨店事業の基盤強化と京阪電鉄グループのリテール事業拡大を目指す~

・日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、代表執行役社長 最高経営責任者:
遠藤 隆雄)は本日、株式会社京阪百貨店(本社:大阪府守口市河原町、代表取締役社長:
大石 哲男、以下 京阪百貨店)がオラクルの仮想化プラットフォーム上に、戦略的な情報
基盤を構築するため、最新のデータベース製品やビジネス・インテリジェンス製品、運用
管理ソフトウェア製品群を採用したことを発表します。

・京阪百貨店は、本年メインフレームから刷新したオープン系の基幹系業務システムや顧
客情報システムと連携するデータウェアハウスおよびビジネス・インテリジェンスを活用
した情報システム基盤を仮想化プラットフォーム上に構築します。

・京阪百貨店は、新データウェアハウス環境の導入により、京阪電気鉄道株式会社(本社:
大阪市中央区大手前、代表取締役社長 COO 執行役員社長:上田 成之助)を中核とした京
阪グループ各社と協調体制の下、新たに構築する情報基盤において、現在、約44万人が利
用する京阪グループポイントカード「e-kenet(イー・ケネット)カード」の購買情報の
活用を図ることで、今後、より詳細な顧客の購買動向分析を行うなど、グループシナジー
効果の強化をめざします。

・ビジネス・インテリジェンスを活用するユーザーが顧客購買の多次元分析などを快適に
利用できるよう、情報システム管理者は「Oracle Enterprise Manager 11g(オラクル・
エンタープライズマネジャー)」を使用し、ビジネス・インテリジェンス環境からデータ
ベース、OS、サーバー仮想化環境のシステム全体の運用管理を行い、性能問題の早期解決
や高いサービスレベルを担保する体制を強化します。さらに、ジョブ管理には、株式会社
NTTデータの統合運用管理ツール「Hinemos(ヒネモス)」( http://www.hinemos.info/
)を採用し、「Oracle Enterprise Manager」と連携したシステム管理を行います。

・京阪百貨店は、オラクルのサーバー仮想化製品「Oracle VM Server for x86」を活用し
た仮想化プラットフォーム上に最新のデータベース製品「Oracle Database 11g Release
2」や「Oracle WebLogic Server」、「Oracle Business Intelligence Suite
Enterprise Edition Plus」を活用してデータウェアハウス/ビジネス・インテリジェンス
を構築します。

◇オラクルのテクノロジー製品採用に至ったポイント
 -メインフレームから刷新した勘定系システムが「Oracle Database」を採用。同システ
  ムのデータベース製品との連携を考慮し、最新の「Oracle Database 11g Release 2」
  を採用
 -本番系システムと開発系システムの共存によるハードウェア・リソースの有効活用、お
  よびハードウェアとソフトウェアを切り離し、ハードウェアの保守切れなどによるシス
  テム改修のリスクを軽減することを目的にサーバー仮想化製品を採用
 -データベースの性能・状態管理だけではなく、情報システム基盤の円滑な運用を強化す
  るために基盤全体を管理できる運用管理ソフトを採用
 -メインフレームの撤廃にともない、スピーディーで柔軟な対応が可能な帳票基盤と事業
  強化のための高度な分析基盤の構築を同時に実現するため、「Oracle Business
  Intelligence Suite Enterprise Edition Plus」を最適な情報基盤ソリューションとし
  て採用

・本プロジェクトは、2010年2月から構築を開始し、2010年9月に稼働を開始する予定です。

●オラクルは世界で最もcomplete、open、integratedなビジネスソフトウェアとハードウ
ェア・システムの会社です。オラクルに関するより詳しい情報は、
http://www.oracle.com/jp をご覧ください。

■本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社 広報室 小林、玉川
プレスルーム http://www.oracle.co.jp/press
YouTube日本オラクル広報チャネル http://jp.youtube.com/user/oraclejapanpr

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の
国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合
があります。

詳細についてはお問い合わせください

小林 守
Name
小林 守
役職
シニアマネジャー
Division
広報室
電話番号
03-6834-4836
Fax
03-6834-6129
Mobile
Eメールアドレス
mamoru.kobayashi@oracle.com