Skip to main content

山崎製パン、「Oracle Exadata」を活用しデータウェアハウス・システムを刷新

2010 5 25

~1万8千種類にもおよぶ商品の明細データの高速かつ高度な分析を実現~

・日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、代表執行役社長 最高経営責任者:
遠藤 隆雄、以下 日本オラクル)と住商情報システム株式会社(本社:東京都中央区、代
表取締役会長兼社長 中井戸 信英、以下 住商情報システム)は本日、山崎製パン株式会
社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:飯島延浩、以下 山崎製パン)が「Oracle
Exadata(オラクル・エクサデータ)」を活用し、新データウェアハウス・システムの稼
働を開始したことを発表しました。

・山崎製パンでは、全国20カ所の工場で、1か月間に約8,000種類のパン類を製造し、菓子
類も含めた商品数は1万8千種類を越えています。同社では、1983年から日々の生産・出荷
情報や売上情報を集計するため、全国20カ所の工場に情報系システムを配備しています。
また、現在、商品に関する1日の明細データが約350万件に達しています。

・同社では、取扱商品数の拡大にともない、明細データが大幅に増加する一方、営業や製
造部門などのシステム利用者が2,000名に達しました。これにより、システムの負荷は高
まり、満足のゆく情報分析の性能を得られなくなりました。また、各業務部門や工場ごと
にデータ分析の視点も多様化し、2009年3月、データウェアハウス・システムの再構築を
決定しました。

・新システムの再構築における最大の目標は、情報分析の性能向上とシステム再構築の負
荷を抑制することでした。そこで、同社では、「Oracle Exadata」や他社製品を総合的に
比較・検討し、「Oracle Exadata」を活用した新システムの再構築を開始しました。

・「Oracle Exadata」採用に至ったポイントは次の通りです。
  - 事前検証では、旧システムと比較して数十倍のパフォーマンス向上を確認
  - オラクル・データベースの旧バージョンからの移行が容易
  - 社内ユーザからの新しい検索方法の要望への迅速かつ柔軟な対応の実現

・本プロジェクトは、住商情報システムが山崎製パンよりシステムインテグレーションサ
ービスを受注し、導入プロジェクトを成功に導きました。住商情報システムは、オラクル
の技術者認定資格「ORACLE MASTER(オラクルマスター)」の有資格者を多数有し、オラ
クル製品を含むアプリケーション開発を通じて、多様な業種・企業にシステムの提案・導
入をおこなっています。これまでに蓄積したオラクル製品に関する豊富なノウハウおよび
高い技術力を活かし、「Oracle Exadata」の導入プロジェクトを担当しました。

●参考資料
・「Oracle Database Machine」製品概要
http://www.oracle.com/lang/jp/database/database-machine.html
・「Oracle Exadata」製品概要
http://www.oracle.com/lang/jp/database/exadata.html
・「Oracle Database 11g」製品概要
http://www.oracle.com/lang/jp/database/index.html
・ニュースリリース: 初のデータウェアハウス&OLTP向けデータベース・マシン
「Oracle Exadata Version 2」を国内発表
http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?ReleaseID=462&NewsAreaId=2
・事例ニュースリリース:(五十音順)
◇カルチュア・コンビニエンス・クラブ
http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?ReleaseID=674&NewsAreaId=2
◇ジュピターテレコム
http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?ReleaseID=656&NewsAreaId=2
◇バイエル薬品
http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?ReleaseID=663&NewsAreaId=2
◇ヒスコム
http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?ReleaseID=652&NewsAreaId=2
◇ファーストリテイリング
http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?ReleaseID=677&NewsAreaId=2
◇ベネッセコーポレーション
http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?ReleaseID=679&NewsAreaId=2

●日本オラクルについて
日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立さ
れました。国内を拠点とした情報システム構築のためのソフトウェア製品、ソリューショ
ン、コンサルティング、サポートサービス、教育の事業を展開しています。1999年2月5日
に店頭市場へ株式公開、2000年4月28日に東証一部上場。従業員数2,129名(2009年11月末
現在)。

●住商情報システム株式会社 
1969年の設立以来、各産業界における長年の豊富な実績と、業務ノウハウの蓄積を活用し、
国内外のお客様に、総合的なソリューションを提供しております。
顧客ニーズに対応したシステム・アプリケーションを提供する業務系ソリューション事業、
自社開発パッケージソフトを中心としたERPソリューション事業、ITインフラを構築す
るプラットフォームソリューション事業等の戦略的事業領域に強みを持ち、お客様の個別
ニーズとビジネス環境に最適かつ有益なIT製品・サービスをご提供しております。

■本件に関するお問い合わせ先:
日本オラクル株式会社 広報室 小林、玉川
プレスルーム http://www.oracle.co.jp/press

住商情報システム株式会社
(報道関係からのお問い合わせ)
広報・IR部 杉岡、栗岡
URL: http://www.scs.co.jp/

(製品・サービスに関するお問い合わせ)
基盤インテグレーション第1部
 URL: http://www.scs.co.jp/oracle/

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の
国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合
があります。

<参 考>
山崎製パンの事例は、日本オラクルが開催する「Oracle Cloud Computing Summit -
Database & Exadata Day ~真のクラウド構築に必要な究極のオラクルテクノロジー」に
て、下記セッションとしてご紹介する予定です。

◇Oracle Cloud Computing Summit - Database & Exadata Day◇
山崎製パン導入事例ショーケース
1万8000種類にも及ぶ商品明細データをOracle Exadataで高速処理(トラック番号:B-3)
日 時:2010年6月15日(火)15:40~16:30

詳細はOracle Cloud Computing Summit - Database & Exadata Day 公式ページをご覧ください。
http://www.oracle.co.jp/campaign/ccs/db-day.html