Skip to main content

参考資料 :ニコン、「Oracle Database 11g」のデータ圧縮技術を活用し、原価計算システムを刷新

2009 12 16

~データベース圧縮技術により、原価情報の日次処理を実現~

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、代表執行役社長 最高経営責任者:遠
藤 隆雄、以下 日本オラクル)は、株式会社 ニコン(本社:東京都千代田区丸の内、取
締役社長兼社長執行役員兼CEO兼COO 苅谷道郎、以下 ニコン)が、オラクルのデータベー
ス製品「Oracle Database 11g」、「Oracle Advanced Compression」、「Oracle
Partitioning」を活用し、原価計算システムの刷新に成功したことを発表しました。

ニコンでは、原価計算システムの高い処理性能と信頼性の確保を目的に、ホスト・コンピ
ュータ上で稼動する原価計算システムの運用を継続してきました。しかし、同社では、複
雑化したシステムの整備と業務効率の向上を目指し、2007年頃から再構築に取り組み、基
幹システムの1つである原価計算システムの刷新に着手しました。

原価計算システムは、ニコンの全事業に関連する大量のデータを元に一定時間で結果を算
出する必要があるため、新システムの中核に「Oracle Partitioning」と「Oracle
Advanced Compression」を活用し、データベースの処理性能の向上を実現しました。特に
データ圧縮を得意とする「Oracle Advanced Compression」の採用によって、データ容量
を1/4に削減したこととディスクI/Oの削減などにより、性能の向上に貢献しました。

新システムでは、正確性、保守性、信頼性を実現する観点でサーバーとして多くの導入実
績を誇る富士通株式会社製SPARC Enterprise M4000、ストレージとしてETERNUS4000モデ
ル500、そしてデータベース管理ソフトとして「Oracle Database 11g」の組み合わせを採
用し、2009年4月に本格稼動を開始しました。

●参考リンク
・「Oracle Advanced Compression」製品概要
  http://www.oracle.com/lang/jp/database/advanced-compression.html
・富士通と日本オラクル、両社製品を使用し、DBデータのILMソリューションを共同検証
  により確立
  http://storage-system.fujitsu.com/jp/news/2009/0616/
・安心・確実・迅速なOracleデータベース移行
  http://primeserver.fujitsu.com/sparcenterprise/news/article/09/0902/?from=b

●日本オラクルについて
日本オラクル株式会社は、オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立さ
れました。国内を拠点とした情報システム構築のためのソフトウェア製品、ソリューショ
ン、コンサルティング、サポートサービス、教育の事業を展開しています。1999年2月5日
に店頭市場へ株式公開、2000年4月28日に東証一部上場。従業員数2,226名(2009年5月末
現在)。

■本件に関するお問い合わせ先
プレスルーム http://www.oracle.co.jp/press
YouTube日本オラクル広報チャネル http://jp.youtube.com/user/oraclejapanpr

* Oracleは、米国オラクル・コーポレーション及びその子会社、関連会社の米国及びその
他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標です。

詳細についてはお問い合わせください

小林 守
Name
小林 守
役職
シニアマネジャー
Division
広報室
電話番号
03-6834-4836
Fax
03-6834-6129
Mobile
Eメールアドレス
mamoru.kobayashi@oracle.com