Skip to main content

Oracle News Release Summary: ガートナー、データ統合ツールのリーダー クアドラントにオラクルを位置付け

2013 1 23

(本資料は米国2013年1月10日にオラクル・コーポレーションより発表された
プレスリリースの抄訳です)

2013年1月10日 カリフォルニア州レッドウッドショアズ発

・オラクルは、Gartner, Inc.(以下、ガートナー)が評価する「データ統合ツールの
マジック・クアドラント」のリーダーに4年連続で位置付けられました。(1)

・ガートナーのマジック・クアドラント・レポートは、ベンダーのビジョンの完全性と
実行能力に基づいてクアドラントごとにベンダーを位置付けます。

・ガートナーは次のように伝えています。「データ統合ツール市場のリーダー企業は、
単一目的ツールを集約し、さまざまなデータ配信スタイルに対応できる製品としてまと
めることで先行している企業です。これらのベンダーは、従来からのデータ統合パター
ンに強みを発揮しています。また、より新しいパターンにも対応し、SOAのコンテキス
トでのデータ・サービスを実現する機能も提供しています。リーダー企業は市場内で
大きなマインドシェアを占め、ツールに習熟したリソースが常にスタンバイしています。
これらのベンダーは、製品に新たな機能を搭載することで、また、データ統合ツールが
解決に威力を発揮するビジネス上の新たな問題を特定することで、市場トレンドの方向
性に大きな影響を与えています。リーダー企業の顧客企業では、複数プロジェクトや、
さまざまな種類のユースケースに対応した導入事例がよく見られます。データ統合ツー
ル市場がエンタープライズ・スケールの要件に対応し続ける一方で、プロジェクト中心
の迅速な導入が増えており、包括的なデータ配信、緊急分析とビッグデータのサポート、
データ管理との相乗効果、高品質な顧客体験が求められています。」

・オラクルは、業界で最も完全かつオープンなデータ統合製品セットを通じ、異種シス
テム内のデータに対する広範、継続的、タイムリーかつ正確なアクセスを提供します。

・「Oracle Data Integrator Enterprise Edition」、「Oracle GoldenGate」、
Oracle Enterprise Data Quality」、「Oracle Data Services Integrator」をはじ
めとするオラクルのデータ統合製品は、ITコストおよびリスクの削減と、異種OSおよび
異種分析システムの接続による迅速な価値の実現でお客様に役立てられています。

・これらの製品が提供するファストデータ、ビッグデータ、クラウド・コンピューティ
ングなどの新しいテクノロジー分野で業界をリードするソリューションを利用すること
で、お客様は高速データの価値を最大化し、ビジネス形態の転換を図ることができます。

・オラクルのデータ統合製品は、「Oracle Fusion Middleware」のコンポーネントです。

本発表に向けたコメント
・オラクルの製品開発担当バイスプレジデントであるブラッド・エイデルバーグ
(Brad Adelberg)は、次のように述べています。「異種データの発生源はオンプレミ
スとクラウドで増え続けており、企業はデータを貴重なビジネス資産に変えてくれる
完全、柔軟、統合的なソリューションを求めています。ガートナーのマジック・クアド
ラントでオラクルがデータ統合ツール部門のリーダー企業として選出されたことは、
異種システムに保存されたあらゆる種類のデータとあらゆるレイテンシーに対応した
包括的で使いやすいデータ統合テクノロジーであることが認められたのだと思います。
革新的なデータ統合ソリューションの提供を通じ、オラクルは顧客体験の向上、業務の
合理化、運用費の削減、ビジネス・インサイトの向上を目指す企業を今後も支援してい
きます」

参考資料
データ統合ツール部門のマジック・クアドラント*
オラクルのデータ統合ソリューション
Oracle Fusion Middleware 11g
・オラクルのデータ統合ソリューションのオンラインコミュニティ:ブログ*、
Facebook*、Twitter*
(1) Gartner, Inc.、「Magic Quadrant for Data Integration Tools」、Eric Thoo、
Ted Friedman、Mark A. Beyer、2012年10月18日
*英語のみ

●オラクルについて
オラクルは、クラウド環境と皆様のデータセンターの両方においてハードウェアと
ソフトウェアが連携して稼働するよう設計します。オラクル(NASDAQ:ORCL)に関する
より詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。

■本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社 広報室 玉川
Tel: 03-6834-4837 / Fax: 03-6834-6129/ E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルーム http://www.oracle.com/jp/corporate/press/

免責条項
ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品、
サービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択
するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチ
の発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したもので
はありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定
目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的と
するものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

詳細についてはお問い合わせください

玉川 岳郎
Name
玉川 岳郎
役職
シニアディレクター
Division
広報室
電話番号
03-6834-4833
Fax
03-6834-6129
Mobile
Eメールアドレス
takeo.tamagawa@oracle.com