Skip to main content

参考資料:オラクルのデータベース・マシン「Oracle Exadata」を活用してライオンがSAPの会計システム向けデータベース基盤を刷新

2012 8 27

~ 国内初、SAPのデータベース基盤として「Oracle Exadata」を活用 ~

 SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:中井戸 信英、以下
SCSK)と日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長 最高経営
責任者:遠藤 隆雄、以下日本オラクル)は、ライオン株式会社(本社:東京都墨田区、
代表取締役社長:濱 逸夫、以下ライオン)で稼働するSAPの会計システム向けデータ
ベース基盤として、オラクルのデータベース・マシン「Oracle Exadata(オラクル
エクサデータ)」を提供し、2012年5月28日より稼働開始したことをお知らせします。
 「Oracle Exadata」提供にあたり、SCSKは企画・立案、構築、保守・運用を担当し、
日本オラクルは「Oracle Exadata」を活用した基盤システムの構築手法について、コン
サルティング・サービスを通じて、円滑な推進を支援しました。
 なお、SAP向けのデータベース基盤として「Oracle Exadata」を活用する事例は、国内
で初めてとなります。

1. 導入背景
 ライオンは2010年1月、メインフレームで稼働する販売物流・分析、マスタ管理などの
基幹系アプリケーションのオープン化移行プロジェクトを開始しました。プロジェクト
での検討の結果、「Oracle Exadata」の高いパフォーマンス、データ圧縮に代表される
ITコストの削減に貢献する機能、複数の「Oracle Database」をシンプルに統合できる
点が高く評価され、「Oracle Exadata」の採用が決定しました。
 さらに、この基幹系アプリケーションのオープン化プロジェクトと並行して、2011年
10月よりデータベース統合の領域を会計システムにまで拡大する検討を開始しました。
拡大にあたっては、「Oracle Exadata」と「SAP」の豊富な導入実績と導入後の安定
した運用・保守体制が評価され、導入パートナーとしてSCSKが選定されました。
 「Oracle Exadata」を活用したデータベース基盤の刷新は、「Oracle Advanced
Customer Services※」のSAPデータベース移行サービスを活用し、約2ヶ月半で完了
しました。
※ オラクル製品を導入した企業システムのライフサイクル全般にわたる運用・管理を支援するサービス

2. 導入効果
 SAP FI(財務会計モジュール)について、標準モジュールやアドオンの区別なく、3倍
から20倍に会計処理速度の性能が向上しました。特に、従来時間のかかっていたアド
オン帳票のデータベース処理が高速化するなど、大幅にパフォーマンスが向上し、
「Oracle Exadata」が経理業務の効率向上に大きく役立っています。
 また、「Oracle Exadata」のデータ圧縮技術によりデータベースのストレージ使用量を
約50%削減したことで、異なるシステムの集約・統合を実現しました。これにより、
従来の会計システム向けデータベース基盤の運用・保守コストの大幅な削減に繋がり
ました。

●参考リンク
・「Oracle Exadata Database Machine」製品概要
http://www.oracle.com/jp/products/database/database-machine/
・「Oracle Database 11g」製品概要
http://www.oracle.com/jp/products/database/index.html

以上

■本製品・サービスに関するお問い合わせ先
SCSK株式会社 ITマネジメント第二事業本部 第一営業部 田邉
TEL:03-6438-3767 FAX:03-6438-3509 E-mail:akio.tanabe@mk.scsk.jp

日本オラクル株式会社 Oracle Direct
TEL:電話:0120-155-096 URL: http://www.oracle.com/jp/direct/index.html

■報道関係お問い合わせ先
SCSK株式会社 広報部 秦
TEL:03-5166-1150 FAX:03-5166-1159 E-mail:pr.sp@mk.scsk.jp

日本オラクル株式会社 広報室 小林、玉川
TEL:03-6834-4837 FAX:03-6834-6129 E-mail:pr-room_jp@oracle.com

*OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的と
するものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

詳細についてはお問い合わせください

玉川 岳郎
Name
玉川 岳郎
役職
シニアディレクター
Division
広報室
電話番号
03-6834-4833
Fax
03-6834-6129
Mobile
Eメールアドレス
takeo.tamagawa@oracle.com