Skip to main content

みずほ情報総研、みずほフィナンシャルグループのデータベース基盤をオラクルのデータベース・マシン「Oracle Exadata」で構築

2012 7 04

~データベース基盤の構築により、IT資産の有効活用によるITコスト削減を目指す~

みずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上 直美)と
日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長 最高経営責任者:
遠藤 隆雄)は本日、オラクルのデータベース・マシン「Oracle Exadata」が、みずほ
フィナンシャルグループのプライベートクラウド環境のOracleデータベース統合環境
(以下、DB集約基盤)として採用されたことを発表します。

みずほ情報総研は、みずほフィナンシャルグループ向けDB集約基盤の構築プロジェクト
において、2011年8月にオラクルの「Oracle Exadata」を提案し、今般、みずほフィナ
ンシャルグループにて採用が決定されました。本プロジェクトでは、サイロ型DB環境か
ら当該基盤環境に順次集約することで、システムの信頼性を確保しつつ、システムリソ
ースの利用率向上やITの標準化に伴う、導入コストの削減を目指しています。

■「Oracle Exadata」採用のポイント
・複数システムの高集約化を実現する高いパフォーマンス
・従来の「Oracle Database」の設計テンプレートをそのまま活用し、データベースの
 個別チューニングを不要とすることで、導入コストの削減に貢献
・マルチテナント環境における最適なリソース制御を実現し、安定したサービスを提供
・「Oracle Exadata」に併せて「Oracle Data Guard*」を活用することで、災害対策の
 レベルアップだけでなく、負荷分散を目的としたバックアップなどの定期運用処理を
 スタンバイサイト側で実現し、システムの効率的な運用を支援
 *「Oracle Data Guard」:企業の重要な情報資産を格納する「Oracle Database」に
 対してデータプロテクション機能によりディザスタ・リカバリ ソリューションを提
 供。

本プロジェクトでは、みずほ情報総研がDB集約基盤の設計と構築を担当します。日本オ
ラクルは、「Oracle Exadata」を活用した基盤システムの構築手法について、コンサル
ティング・サービスを通じて、プロジェクトの円滑な推進を支援します。

■参考資料
・「Oracle Exadata Database Machine」製品概要
・「Oracle Exadata Storage Server」製品概要
・「Oracle Database 11g」製品概要


●みずほ情報総研について(http://www.mizuho-ir.co.jp/
みずほ情報総研は、みずほフィナンシャルグループのIT戦略会社として2004年に設立さ
れました。IT・情報通信、環境・エネルギー、社会経済、科学技術など多分野にわたる
専門性を有する約4,500名のプロフェッショナル集団が、コンサルティング、システム
インテグレーション、アウトソーシングの3つのサービスで、お客さまのビジョンを共
に実現し、企業価値の向上に貢献します。

●オラクルについて
オラクルは、クラウド環境と皆様のデータセンターの両方においてハードウェアとソフ
トウェアが連携して稼動するよう設計します。オラクル(NASDAQ:ORCL)に関するより
詳細な情報については、http://www.oracle.comをご覧ください。

※OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他
の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である
場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも
組み込むことはできません。

■ニュースリリースに関するお問い合わせ

みずほ情報総研株式会社
広報室 石原、平石
TEL:03-5281-7548
E-mail: info@mizuho-ir.co.jp

日本オラクル株式会社
広報室 小林、玉川
TEL:03-6834-4837
E-mail:pr-room_jp@oracle.com