Skip to main content

オラクルのデータベース・マシン「Oracle Exadata」がアサヒグループのデータベース・クラウドサービスの基盤として稼働開始

2012 2 16

~グループ共通IT 基盤上で、アサヒビールの酒 類 営 業支援システムが稼働開始~

・日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長 最高経営責任者:
遠藤 隆雄)は本日、オラクルのデータベース・マシン「Oracle Exadata」がアサヒグ
ループホールディングス株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:泉谷 直木、
以下アサヒグループホールディングス)のグループ共通IT基盤に活用され、2011年11月
より、グループ内の事業会社向けデータベース・クラウドサービスの提供とその基盤上
で酒類営業支援システムが稼働を開始したことを発表します。

・アサヒグループホールディングスはビール業界でトップシェアのアサヒビール株式会
社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:小路 明善)を中核とするアサヒグループ
の持株会社です。同社は、経営環境が大きく変化するなか、本格的なグループ・グロー
バル経営を推進しています。その一環として、アサヒグループにおけるIT基盤の再構築
による変化対応力の強化とIT投資の最適化を目的に、「3Gプロジェクト*」に取り組ん
でいます。
*3Gプロジェクト: 3Gはグループ(Group)/グローバル(Global)/グリーン(Green)
の意。グループ全体でIT環境を最適化することを追求。グローバルでの競争力を高める
IT基盤を構築し、分散・重複するIT基盤やアプリケーションの統廃合しながら環境に配
慮したグリーンを促進するプロジェクトです。

・アサヒグループホールディングスは、2011年5月、「Oracle Exadata」の採用を決定
し、グループ共通IT基盤の構築プロジェクトを開始しました。本プロジェクトでは、IT
の資産利用をサービス化することでグループ全体のITコストの削減とITの標準化を推進
し、2011年11月、「Oracle Exadata」を活用したグループ共通IT基盤を構築したことで、
グループ内の事業会社が利用できるデータベース・クラウドサービスの提供を開始しました。

・アサヒグループホールディングスは、新データベース・クラウドサービス上に、アサ
ヒビールの新営業支援システムの稼働を開始しました。新営業支援システムは、全国の
営業担当者など約1,300名が利用するシステムです。

・新営業支援システムは、「Oracle Exadata」を活用することで、従来は2時間かかっ
ていた販売動向分析の参照処理が30秒に短縮するなど、大幅なパフォーマンス向上によ
り、営業活動の効率化に貢献しています。また、「Oracle Exadata」のデータ圧縮技術
「Exadata Hybrid Columnar Compression」を活用したことにより、3億件の明細データ
を10分の1に圧縮し、ストレージの費用削減を実現しています。さらに、営業情報など
を分析・レポートする基盤として「Oracle Business Intelligence」、システムの負荷
テストと運用を効率化する「Oracle Application Testing Suite」、統合IT管理基盤
「Oracle Enterprise Manager」も導入しています。

・本プロジェクトのパートナーとしてアサヒプロマネジメント株式会社(本社:東京都
墨田区、代表取締役社長:本山 和夫)がシステム企画・立案を担当、アサヒビジネス
ソリューションズ株式会社(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:奥木 洋一)がグ
ループ共通IT基盤の構築とクラウドサービスの保守・運用を担当し、グループ全体の共
通IT基盤を支えています。また、日本オラクルは、「Oracle Exadata」を活用したグル
ープ共通IT基盤と営業支援システムの構築手法について、コンサルティング・サービス
を通じて、プロジェクトの円滑な推進を支援しました。

・今後、アサヒグループホールディングスでは、グループ内の事業会社と連携して、清
涼飲料事業における営業支援システムのグループ共通IT基盤への統合を進める予定です。
また、メインフレームやオフコン*を基盤とした事業会社ごとの基幹系システムのグル
ープ共通IT基盤への統合も進め、マスターデータの統合による情報の一元化やIT基盤の
標準化による生産性向上と効率化、地球環境に配慮したCO2削減を目指します。さらに、
M&Aやグループ会社再編の環境変化に対して、柔軟かつ迅速に対応できるIT基盤を拡充
していきます。
オフコン:オフィスコンピュータの略。企業の事務処理を行うために設計された小型の
コンピュータ。

●参考資料
・「Oracle Exadata Database Machine」製品概要
http://www.oracle.com/jp/products/database/database-machine/index.html
・「Oracle Exadata Storage Server」製品概要
http://www.oracle.com/jp/products/database/exadata/index.html
・「Oracle Database 11g」製品概要
http://www.oracle.com/jp/products/index.html
・「テクノロジーが、ビジネスをもっと強くする」oracledatabase.jp
http://oracledatabase.jp/

●オラクルについて
オラクルは、クラウド環境と皆様のデータセンターの両方においてハードウェアとソフ
トウェアが連携して稼動するよう設計します。オラクル(NASDAQ:ORCL)に関するより
詳細な情報については、http://www.oracle.com/jp をご覧ください。

●「Oracle OpenWorld Tokyo 2012」 概要
開催期間:2012年4月4日(水)~6日(金)
会場:グランドハイアット東京、ベルサール六本木、六本木ヒルズ アカデミーヒルズ49
公式サイトURL:www.oracle.co.jp/openworld/

●「JavaOne Tokyo 2012」 概要
開催期間:2012年4月4日(水)~5日(木)
会場:六本木ヒルズ アカデミーヒルズ49
公式サイトURL:www.oracle.co.jp/javaone/

■本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社 広報室 小林、玉川
TEL:03-6834-4837 FAX:03-6834-6129 E-mail:pr-room_jp@oracle.com

OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。
文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合��あります。
本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

【参 考】2012年4月4日(水)~6日(金)に開催される「Oracle OpenWorld Tokyo
2012」において、アサヒグループホールディングスによる当プロジェクトの導入事例講
演が決定しました。
 
トレンドセッション【S2-33】: 
2012年4月5日(木)15:20~16:05

タイトル: 
アサヒ、グループ経営を加速する企業変革とITインフラ基盤のあるべき姿
~プライベートクラウドの実装と情報の見える化を具現化~

アブストラクト: 
アサヒビールが取り扱う商品の営業支援システム「MIER実販」による情報の見える化と、
プライベートクラウドによるグループ向けシェアードサービスの運用を2011年より開始。
複数システムをOracle Exadataに統合/構築することで、リソースと投資を最適化しな
がら大幅な性能向上を実現。アサヒグループが推進するグループ全体の経営戦略を支え
るITインフラのあるべき姿や具体的な取り組みについてご紹介します。

登壇者:
アサヒグループホールディングス株式会社 IT部門 ゼネラルマネジャー
(兼)アサヒプロマネジメント株式会社 業務システム部 部長 
知久龍人 氏

本イベントの申し込みサイトは、こちら: 
http://www.oracle.com/openworld/jp-ja/index.html