Skip to main content

システム・テクノロジー・アイ、サーバー仮想化「Oracle VM」を活用し、研修サービスの運営を大幅に効率化

2008 9 24

~「Oracle Database 11g」などの研修コースに適合したソフトウェア・テンプレートを準備し、研修環境を短時間で構築、ハードウェアにはデルのプラットフォームを採用~

株式会社システム・テクノロジー・アイ(本社:東京都中央区 代表取締役社長 松岡 秀紀 東証マザーズ上場:証券コード 2345)は、日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長 最高経営責任者:遠藤 隆雄)が提供するサーバー仮想化ソフトウェア「Oracle VM」を採用し、研修サービスの運営のためのサーバー環境を刷新いたしました。これにより、システム・テクノロジー・アイでは、カリキュラムの環境構築に携わる運用管理の手間やコストの大幅な効率化を見込んでいます。

システム・テクノロジー・アイは、最新の「Oracle Database 11g」などのオラクル認定研修を提供しております。従来、研修コースの実施内容と日程にあわせ、受講者の研修環境を逐次構築する必要があったため、セットアップ時間に多大のコストと時間を費やしていました。今回のサーバー仮想化ソフトウェア「Oracle VM」の導入により、システム環境の構築時間を大幅に削減することができます。特に、ソフトウェアをテンプレートとして、事前に準備しておくことにより、環境を瞬時に準備することができます。ハードウェアには、すでに「Oracle VM」が動作検証されているデル株式会社のサーバーを採用しました。デル社のサポートにより、仮想化環境に集約・シフトする際のパフォーマンスを検証し、最適なシステムを構成しました。具体的には、1台の物理サーバー上に最大15の仮想マシンを同時実行することにより、物理サーバーの有効活用が可能となり、物理サーバーの導入コスト、設置スペース、電源などのコストも抑制することに成功しました。

今後、システム・テクノロジー・アイは、サーバー仮想化ソフトウェア「Oracle VM」を活用したシステム構築のノウハウを、研修ビジネスの協業パートナーにも提供し、日本オラクルが推進するサーバー仮想化ビジネスを共同で推進していく予定です。

サーバー仮想化ソフトウェアを導入したシステム環境は以下の通りです。
ハードウェア:Dell PowerEdge 2950 3 5台
サーバー仮想化ソフトウェア:「Oracle VM 2.1」
ソフトウェア:「Oracle Enterprise Linux 5」「Oracle Database 11g」「Oracle Database 10g」

サーバー仮想化製品「Oracle VM」の詳細は、詳細は下記のVirtualizationサイトを参照下さい。
http://www.oracle.com/lang/jp/technologies/virtualization/index.html


システム・テクノロジー・アイ 松岡秀紀氏


● システム・テクノロジー・アイについて
CSR教育、ビジネススキル、IT利用スキル等のE-Learning 学習ソフトウェア「iStudyシリーズ」および、ITSSやETSS等のスキル診断からスキルアップのPDCAの仕組みを構築し、戦略的人材育成を支援するiStudy Enterprise Serverの開発販売、ならびにOracle・IBMの認定研修など教育事業を中心に展開しております。2002年12月13日に東証マザーズ(証券コード:2345)上場。
http://www.systech-i.co.jp/
● 日本オラクルについて
日本オラクル株式会社は、米国オラクル・コーポレーションの日本法人として1985年に設立されました。国内を拠点とした情報システム構築のためのソフトウェア製品、ソリューション、コンサルティング、サポートサービス、教育の事業を展開しています。1999年2月5日に店頭市場へ株式公開、2000年4月 28日に東証一部上場。従業員数2,135名(2008年5月末現在)。
● デル株式会社について
デル株式会社は、米Dell Inc.の日本法人で、独自の直販方式「デル・ダイレクト・モデル」を活かした販売/マーケティング/サービス・サポート業務を行っています。業界標準技術を採用したサーバー/ストレージ製品およびソリューションの拡充に注力しており、エンタープライズ市場においても「デル・ダイレクト・モデル」による優れたバリューをお客様に提供しています。

■ 本件に対するお問い合わせ先
株式会社 システム・テクノロジー・アイ
ビジネスソリューション営業本部 Web営業部
URL : http://www.systech-i.co.jp/

日本オラクル株式会社 広報部 野見山
プレスルーム

*Oracleは、米国オラクル・コーポレーション及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。その他のブランドまたは製品は、それぞれを保有する各社の商標または登録商標です。

編集者への注意