Skip to main content

インメモリ・データグリッド製品「Oracle Coherence」がソフトバンクモバイルのインターネット/メールの接続情報システムに採用

2011 7 25

~ネットワーク層でインターネット/メールの接続情報の認証を可能にすることで、
システムの高い性能と拡張性の実現を目指す~

・日本オラクル株式会社(本社:東京都港区北青山、代表執行役社長 最高経営責任者:
遠藤 隆雄)は本日、ソフトバンクモバイル株式会社(本社:東京都港区東新橋、代表
取締役社長:孫 正義、以下 ソフトバンクモバイル)のインターネットおよびメールの
接続情報システムに、オラクルのインメモリ・データグリッド*製品「Oracle
Coherence(オラクル・コヒーレンス)」の採用を決定したことを発表します。
*複数ハードウェアから構成されたサーバー群で仮想的な共有メモリ領域を確保して、
大量のデータを高速処理する技術

・ソフトバンクモバイルの契約者数は2011年6月末時点で2,600万を超えています。契約
者数の順調な伸長、スマートフォンに代表される通信量の増加に対応するため、既存シ
ステムと連携しつつ、高い耐障害性と規模拡張性を実現できるインメモリ技術
「Oracle Coherence」を高く評価し、採用を決定しました。

・ソフトバンクモバイルは2012年中に、「Oracle Coherence」を基盤としたインターネ
ットおよびメールの接続情報システムの稼働開始を目指します。

・「Oracle Coherence」は、業界トップレベルのパフォーマンスを誇るインメモリ・デ
ータグリッド製品です。頻繁に使用されるデータに対して可用性と耐障害性を備え、高
速かつ信頼性の高いアクセスを可能にします。これにより、業務に不可欠なアプリケー
ションを計画的に拡張できます。通信・メディア、金融、B2B/B2Cサービスなど、収益
に直結するIT領域で活用され、高い投資効果を上げています。

●オラクルは世界で最もcomplete、open、integratedなビジネスソフトウェアとハード
ウェア・システムの会社です。オラクルに関するより詳しい情報は、
http://www.oracle.com/jp をご覧ください。

■本件に関するお問い合わせ先
日本オラクル株式会社 広報室 谷地田、小林
TEL: 03-6834-4837 FAX: 03-6834-6129 E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルーム http://www.oracle.com/jp/corporate/press/

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他
の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である
場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも
組み込むことはできません。

詳細についてはお問い合わせください

谷地田 紀仁
Name
谷地田 紀仁
役職
担当シニアマネージャー
Division
広報室
電話番号
Tel: 03-6834-4835
Fax
Fax: 03-6834-6129
Mobile
Eメールアドレス
norihito.yachita@oracle.com