Skip to main content

塩野義製薬、営業支援系情報基盤としてオラクルのデータベース・マシン「Oracle Exadata」を採用

2011 4 21

~営業支援系情報基盤の統合により、情報の一元化を目指す~

・日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長 最高経営責任者:遠藤 隆
雄)は本日、オラクルのデータベース・マシン「Oracle Exadata」が塩野義製薬株式会社
(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:手代木 功、以下 塩野義製薬)の営業支援系情
報基盤に採用されたことを発表します。

・塩野義製薬は、世界中の患者さまやご家族の方々のQOL(Quality of Life:生活の質)
向上を実現するために、よりいっそう満足度の高い医薬品をお届けすることをミッション
として、医療用医薬品を中心に、OTC医薬品や診断 薬の研究開発、製造、販売活動を行っ
ています。

・塩野義製薬では、2011年2月、グローバル化が進む新薬開発や国内における製品ニーズ
への迅速な対応を目的に、「Oracle Exadata」の採用を決定しました。同社では、
「Oracle Exadata」を採用し、営業支援系情報基盤を再構築する予定です。新営業支援系
情報基盤では、重複するデータの削減やデータマート*の集約、データの洗い替え処理の
効率化、バッチ処理の時間短縮により、複数の業務システムの統合とデータウェアハウス
機能の強化を目指します。
*データウェアハウスに格納したデータの中からユーザーの使用目的に合わせて必要なデ
ータを抽出したデータの集合体

・塩野義製薬の「Oracle Exadata」導入では、株式会社富士通北陸システムズが提供する
ソリューションサービス『超高速データベースソリューション for Oracle Exadata』が
適用されます。富士通北陸システムズは、長年の「Oracle Database」への取り組みによ
り培ったノウハウ、日本国内No.1の「ORACLE MASTER Platinum」資格取得数に裏づけされ
た高い技術力、これまでの「Oracle Exadata」導入経験を活かし、安全で効率的なシステ
ム構築を支援します。

●参考資料
・「Oracle Database Machine」製品概要
http://www.oracle.com/jp/products/database/database-machine/index.html
・「Oracle Exadata」製品概要
http://www.oracle.com/jp/products/database/exadata/index.html
・「Oracle Database 11g」製品概要
http://www.oracle.com/jp/products/database/index.html
・事例ニュースリリース:(五十音順)
◇大阪ガス
http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?ReleaseID=725&NewsAreaId=2
◇カルチュア・コンビニエンス・クラブ
http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?ReleaseID=674&NewsAreaId=2
◇ゲオ
http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?ReleaseID=845&NewsAreaId=2
◇ジュピターテレコム
http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?ReleaseID=656&NewsAreaId=2
◇ソフトバンクモバイル
http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?ReleaseID=412&NewsAreaId=2
◇長瀬産業
http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?ReleaseID=722&NewsAreaId=2
◇バイエル薬品
http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?ReleaseID=663&NewsAreaId=2
◇ヒスコム
http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?ReleaseID=652&NewsAreaId=2
◇ファーストリテイリング
http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?ReleaseID=677&NewsAreaId=2
◇フォレストホールディングス
http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?ReleaseID=853&NewsAreaId=2
◇ベネッセコーポレーション
http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?ReleaseID=679&NewsAreaId=2
◇山崎製パン
http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?ReleaseID=698&NewsAreaId=2
◇楽天証券
http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?ReleaseID=728&NewsAreaId=2

◇オラクルのデータベース・マシン「Oracle Exadata」企業のデータベース基盤として採
用が進む
http://japanmediacentre.oracle.com/content/detail.aspx?ReleaseID=1326&NewsAreaId=2

●オラクルについて
オラクルは世界で最もcomplete、open、integratedなビジネスソフトウェアとハードウェ
ア・システムの会社です。オラクルに関するより詳しい情報は、
http://www.oracle.com/jp をご覧ください。

■本件に関するお問い合わせ先:
日本オラクル株式会社 広報室 小林、玉川
TEL: 03-6834-4837 FAX: 03-6834-6129 E-mail: pr-room_jp@oracle.com
プレスルーム http://www.oracle.com/jp/corporate/press/

* OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の
国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合
があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込
むことはできません。

詳細についてはお問い合わせください

小林 守
Name
小林 守
役職
シニアマネジャー
Division
広報室
電話番号
03-6834-4836
Fax
03-6834-6129
Mobile
Eメールアドレス
mamoru.kobayashi@oracle.com